Rss

サーマクールの効果の持続性について

サーマクールの美容施術では、術後からおおよそ2カ月程度で、少しずつ皮膚のコラーゲンが多くなっていきます。
肌の深層にコラーゲンが増加することで、お肌のたるみや、しわを目立たなくすることが可能になります。
最近は、エステでサーマクールの他にも多様の美容施術がありますので、どのような効果があり、どの程度継続するかも調べておきましょう。
いまエステでも人気のサーマクールですが、気になるのは効果の持続性は、どのくらいあるのでしょうか。
真皮層という肌の奥の部分は、サーマクールによってコラーゲンの生成機能が活性化され、肌のターンオーバーが促進されます。
サーマクールの影響で、肌のコラーゲンが多くなると、若々しくハリのあるお肌になることが可能です。人体は、加齢によって徐々に老いていきます。
年をとると、シワやたるみが多くなることは、誰にでもあります。サーマクールを利用することで、たるみやしわが目立たない、若々しいお肌になることが可能であるといいます。
6カ月程度はコラーゲンの生成量が多い状態が続きますが、その後からは、元どおりになって、お肌の状態も戻るようです。
サーマクールの施術を再び受けるのであれば、半年から1年後にすれば良いと考えられます。
コラーゲンの量は、サーマクールを受けてから2カ月後から増えはじめ、6カ月後には最大量になると言われています。
施術後の増加に永続性はなく、最大量を過ぎると減ることを理解した上で、次のサーマクールをいつするか考えてください。

Comments are closed.